私が半年で公務員を辞めたが後悔はない話、死にたいぐらい辞めたい人へ

日曜日の夜がつらい・・・

休みの日も仕事のことばかり考えてしまい、休まらない・・・
などと思ってらっしゃる方、

一つ、私がうつ病で仕事を辞めたお話をしようと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

やりたいことがないから公務員へ・・・

大学4年生の8月まで就活をしており、
新規採用として公務員に無事合格し、就活が終わりました。

やりたいことも決まらない私は、
大学3年生の夏に大学で公務員の講座があると知り、
公務員を受けようと思いました。

理由は、ただ一つ。

親が薦めてきたから。

私が口下手なので、面接だけでは内定もらえないだろうと
親が心配しており、公務員だったら筆記試験もあるため、
少しはカバーできるから大丈夫とのことでした。

私は公務員の仕事をしたいなんてちっとも思っていませんでした。

しかし、なんとか新卒で内定貰わなきゃと
約1年間それなりに勉強、面接練習を頑張っていたため、
受かったときはとても嬉しく、仕事も頑張ろうと思いました。

親や先生にも褒められました。

入庁してすぐ逃げたい・・・

しかし、入庁してすぐ、がんばろうという思いはどっかいってしまいました。

それどころか、新人研修の市長のお話を聞きながら、
なんでこんなことしているんだろうや、
あと40年間同じ生活を繰り返すのかと考えるばかり。

しかし、誰にも相談することができませんでした。

同期はみんな仕事が楽しそうで、
私だけこんな悩みぶちまけても困らせるだけだと思い、
私も同じように楽しいアピールを前面に出していました。

そして、親にもこんな悩みを言ったところで、
「何言ってるんだ、我慢しろ」と言われるのが目に見えているので、
誰にも言わずこの気持ちを蓋して閉まっておきました。

 

人間関係の悪循環



2か月たって、先輩から注意を受けました。

同じ部署の同期の子と比べられて自分は全然やる気がないと。

私はがんばって仕事にやる気があるように演じていましたが
やっぱり無理でした。

それからどんどん嫌われる方向へ行きました。

どの先輩に聞いても、忙しいからと答えてくれなかったり、
無視されたりと、仕事自体やりがいも無いのに関わらず、
人間関係も大変なことになりました。

その部署は残業が当たり前で、
仕事がなくてもできる限り残っていましたが、
20時に帰っても早い方で、毎日冷たい視線を浴びながら帰っていました。

それでも我慢して、最低限のことでも
やっていけばいい方向に行くだろうと必死でした。

どうしたらうまく仕事に馴染めるかネットで調べてたのですが、
解決策は全くと言っていいほど見つかりませんでした。

 

辞める選択肢がない・・・早く死にたい

しばらくすると朝起きると同時に自然に涙が出てきました。

もう逃げたいという思いが強く、
仕事をやめるという選択肢ができないなら死にたいと、
いつひかれてもいいように自動車すれすれの道路を走っていました。

道路に飛び出す覚悟もしていましたが、
いざ飛び出そうとすると勇気がありませんでした。

事故のニュースを見ると、
これが私だったらどんなに良かったんだろう・・・と思っていました。

仕事から帰ってきても、休みの日でさえも、
仕事行きたくない、死にたいとずっとずっと考えてました。

この頃はネットで自殺方法ばかり調べていました。

そして自殺する勇気もない私が目に付いたものは、
「オーバードーズ」でした。

すぐに薬局屋で薬をたくさん購入し、
その夜に家でオーバードーズを実行しました。

しかし、全部薬を飲んでいる間に親に見つかり、失敗に終わりました。

 

スポンサーリンク

 

うつ病

その後、精神病院に連れられ、うつ病と診断されました。

仕事ももちろん休職し、食べる、トイレ、お風呂以外は
実家でベッドに横になり休んでいました。

しかし、親は「たかがうつ病でずる休みしてどうするんだよ」
と毎日のようにグチグチ言うばかり。

その度に私はもうこの世界には必要ないんだ、
早く自殺したほうがみんなのためになると
悪い方ばかり考えるようになりました。

小さい頃に母親に言われた「お前なんて産まなきゃよかった」が
頭の中でぐるぐるまわり、早く死ななきゃと焦るばかり。

そこで病院でもらった薬も含めて、2回目のオーバードーズ。
これも吐いて失敗に終わりました。

親のプレッシャーがあり、なかなか休むことができないことを医者に告げると、
親から離れて休みなさいとのこと。

そんな時、付き合っていた彼氏が県外に住んでおり、
来ていいよと言ってくれたので、お言葉に甘えてそこで休むことにしました。

うつ病を理解して受け入れてくれた彼氏には本当に感謝しています。

受け入れてくれる人が1人もいなかったら、
私はどうなっていたか想像もつきません。

それから半年休職をしました。

 

退職へ

その間に上司や人事の方とお話をして、最終的に退職しました

理由としては、やりたいことがみつかったことと、
人生=仕事ではないことがわかったからです。

子供の頃は、親が勉強に厳しく、
期待に答えようと必死にがんばっていました。

そして、就活時期も親が薦めてきた公務員に受かれば
もっと認められると必死になっていました。

しかし、内定をもらうことがゴールではなく、新たなスタートだったことを
しっかり理解していませんでした。

そのため、ミスマッチが起きてしまい、社会から脱落してしまいました。

辞めるかどうか考えている方へ

もちろん我慢して続けることも良いことです。

しかし、今このブログを見てるあなたは、

今の生活が辛くてしょうがない、とっとと死んでしまいたい…

と思いながら仕事をしているでしょう。
正直今の仕事が向いていません。

今の仕事を辞めるとなると、これからの人生をどうするか
考えていかなければなりません。
特にお金のことでしょう。

お金の問題



仕事とても辞めたいけど、
お金が問題で辞めることができない方は多いと思います。

この職場は自分に合っていない・・・これからもここの会社では
働くことができないとわかった時点で、
節約して貯金額を増やしていきましょう。

節約するには、まず自分の1ヶ月の生活費を
ノートでも家計簿アプリでもいいので記録します。

買い物したときは、必ずレシートをもらいましょう。

そして、自分の一ヶ月間の生活費を知ったら、
ここは減らせるという項目を見つけて
一ヶ月で減らす金額を決め、実際に行動しましょう。

私は編み物が好きで、買い物のついでによく毛糸買ってしまっていたので、
減らすように努力しました。

頭の片隅に置いておくと買い物の時に我慢できます。

家計簿をつけることでどのくらいお金があれば仕事を辞めることができるか
転職するまでにどのくらい生活費がかかるかも分かることができます。

 

まとめ

心と体を悪くするまで仕事環境に合わなかった場合、今すぐにやめるべきです。

一回うつ病になってしまうと、
完治するのに時間とお金がかかり、
転職して働ける状態ではありません。

物も信頼も一瞬で簡単に壊すことができますが、
直すのには時間がかかるのと同じです。

その間何もできなくなるため時間がもったいないです。

実際、他の逃げ道が存在するのにも関わらず、
「この仕事を辞めたら一生の終わりだ」と自分で勝手に思ってしまい、
この仕事から逃げるには自殺しかないと思ってしまうのです。

そんなことは絶対にありません。
会社なんて山ほどあります。

今仕事が嫌すぎて体に異変が来ている方、
眠れない方、休みの日も仕事のことを考えてしまう方々は、

どうか自分を大切にして、自分を守ってください

一回仕事を休んで、本当に自分のワークライフはこれでいいだろうかと
冷静になって考えてみてください。

 

スポンサーリンク

( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA