仕事大嫌いあなたはほんとにうつ病?体、心からくる主な初期症状

「うつ病」は判断することが難しいです。

目で見える数値でうつ病かどうか判断することができないため、
精神病院の医者は、個人の生い立ちやどんなことを思っているか
子供の頃から詳しく聞いた上で判断します。

自分の性格上、真面目で心配性だからうつ病じゃないと思っていても、
いつの間にかうつ病になっていることがあります。

今回は主なうつ病の症状をまとめてみました。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

体からくる症状


  • 食欲不振、体重減少
    食欲が増えて、体重が増えることもあります。
  • 寝れない、夜中に目が覚める
    明日のために寝ようとしても、明日の仕事のことを考えてしまい
    寝れなくなったり、夢で上司に怒られて大声で叫び何度も目が覚める。
  • 朝起きるのが辛い
    そんなの仕事に行きたくないと甘えてるだけだ、
    みんな一緒じゃんと思われるかもしれませんが、症状として入ります。
  • 以前より何をしても疲れやすくだるい「全身倦怠感」
  • 吐き気
  • 頭、腰などどこかが痛い、ズキズキする

心と体はつながっていますので、
精神がやられると体もどこかしら異常が出てきます。

スポンサーリンク

心からくる症状



  • なんに関してもやる気が出ない
    頭がぼっとしてしまい、朝起きても起き上がれない、家事もできないなど。
    以前より仕事の要領が悪い、仕事ができなくなる。
  • 自分の意見が言えなくなる
    今まで会議などで自分の意見をいうことができたのに、
    自分に自信がなくなり発言できなくなるなど
  • 将来の全てに不安を感じ、死にたいと思う
    自分はいなくなったほうがいい、自然と死にたいと思う。
    自殺に興味を持つ、ふらっと自殺してしまう方もいます。
    私も鬱の頃は、なんで生きてるんだろうと思い、
    泣きながら自殺の仕方をサイトで学んでいました。
  • なんでもかんでも私が悪いと思ってしまう
    親同士で喧嘩しているところをみて、全然関係ないのに、
    私が悪いと思ってしまう。
    また、上司同士でヒソヒソ話をしているところを見て、
    私の悪口だと勝手に思ってしまう。
  • 考え方が悲観的になる
    何か問題が起きると、全て自分が悪いと考えてしまう。
    とても心が重く寂しかったです。
  • なんにも悲しいことがないのに泣いてしまう
    私の場合、通勤中の行き帰りや仕事中にも、
    悲しいこともとくになく、何にも考えていないのに、
    ふとしたら泣いてたことがありました。
  • 以前まで好きだったものに興味がなくなる
    趣味だったものが、見るだけで嫌になる。
  • これらの症状が朝に悪く、夕方楽になる
    うつ病のなり始めは、朝の仕事や登校するのが
    つらいというところから始まります。
    行かなきゃいけないことは分かっていても、
    布団から出ることができなく、起きれない。
    他人から見たら怠けているように見えますが
    決してそんなことはないです。
    一刻も早く病院へいき、医者に見てもらう必要があります。

まとめ

うつ病の症状が出ても「普通のことができないのは自分のせいだ」
と思い込んでしまっているかもしれません。

しかし、これは体が悲鳴をあげて、うつ病を知らせているです。
自分を責めて頑張ってもますます悪化させるだけです。

以上の症状で5つ以上当てはまるものがあったら、
一度精神病院へ行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA