やまがた川西ダリヤ園10万本のダリヤの見頃は?アクセス情報、みどころは?

今回は山形県川西町の観光名所、
やまがた川西ダリヤ園
の見頃やアクセス情報、営業時間、みどころを紹介します。

スポンサーリンク

ダリヤとはどんな花??

ダリヤという花は、1842年頃にオランダより長崎出島を経由して
導入されたと言われています。

大正から昭和初期にかけて、ダリヤが盛んに栽培されるようになりました。
原産地はメキシコです。

「ダリヤ」と呼ばれる前は、花の形がボタンに似ているため、
テンジクボタン(天竺牡丹)」と呼ばれていたそうです。

暑さに弱く、日本では東北地方や北海道などのほうで、
夏から秋にかけて色鮮やかに咲きます。

川西ダリヤ園のみどころ

川西ダリヤ園には650種、約10万本の色鮮やかなダリアが、
8月から11月初旬かけて咲きます。

あざやかな紅色や愛らしいピンクやオレンジのダリアなど、
形色さまざまで眺めてるだけで楽しかったです。

園内はゆっくりと散策できる遊歩道が、花壇をぬって広がっていました。

ダリヤの種類にそれぞれに名前がついていて、
名前が独特なものばかりで面白かったです(笑)

私は真夏に来たのでとても暑かったのです。

9月か10月頃にはちょうどいい気温と日差しになり、
ダリヤも満開を迎える時期になります。

また、子供のためのアスレチックや滑り台などの遊具や、
小川、広い芝生もありますので、のびのびと遊ぶことができます。

隣には、レストランと日帰り温泉施設(300円)もあります。

全てのダリヤを見ようとするとけっこう歩きます。
所々で休憩し、帰りは日帰り温泉へ行きましょう!

開園時間、料金

開園期間-7月28日から11月5日 期間中無休
開園時間-午前9時から午後6時まで(10月以降は日没で閉園)
入園料金-大人540円、小人(小学生)210円、未就学児無料
団体料金-(20名様以上)大人430円、小人170円

詳細・・・やまがた川西ダリア園ホームページ→http://www.town.kawanishi.yamagata.jp/dariya/

アクセス

住所:山形県東置賜郡川西町上小松5095−11

山形県東置賜郡川西町上小松5095−11

駐車場は無料で停めることができます。

[車]
 東北自動車道福島飯坂ICから国道13号、国道287号経由で約1時間30分。
山形市から国道13号経由で約1時間。
(国道348号・国道287号経由ルートも約1時間)

[電車] 
米沢駅からJR米坂線で羽前小松駅まで18分。
(米沢駅からタクシーで約30分)
山形新幹線赤湯駅で下車、タクシーで約15分。
新潟から快速で羽前小松駅まで約2時間20分。

皆さんも行ってみてください!!

スポンサーリンク

( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA