羽黒山出羽神社アクセス方法、頂上までの所有時間、5つの見所紹介!

出羽三山とはそれぞれ山形県村山地方、庄内地方(山形県の上の方)の
羽黒山、月山、湯殿山の3つあわせた山の名前です。

明治時代までは、修剣道の場所として知られていて、
今現在も多くの修験者や参拝者が訪れます。

今回は山形県鶴岡市の観光名所、出羽神社の羽黒山を紹介します。

スポンサーリンク

出羽三山、羽黒山とは?

約1400年前に、第32代の崇峻天皇の皇子である蜂子皇子が
三本足の霊鳥に導かれ、羽黒山に登拝し、苦行の末に羽黒権現を感得、
さらに月山、湯殿山と三山を開いたのが始まりと言われます。

以後、羽黒派古修験道として全国に広がりました。

月山、湯殿山の二つの山は、参拝が困難なほど雪深い山頂や渓谷にあるため、
羽黒山の山頂に三山の神々を合祀しています。

おすすめのみどころ5つ紹介!

1.羽黒山の頂上までハイキングしよう!

羽黒山の頂上まで行くのに車、バスか歩きで行くことができます!

せっかく来たのならハイキングしてみましょう!
空気も澄んでいて気持ちいいです。

私は行きは歩きで行ったのですが、運動不足で疲れてしまい、
結局帰りはバスで下りました。

約2km(2446段)の石段と3の急坂からなる杉並木の参道が続き、所要時間は約1時間10分(休憩20~30分・徒歩40~50分)です。

中間に休憩所がちょこちょこあります。

2.山頂に国の重要文化財である三神合祭殿がある!

山頂には、平成12年に国の重要文化財に指定された
三神合祭殿(さんじんごうさいでん)があります。

月山・羽黒山・湯殿山3つの山にそれぞれ神様がいらっしゃるのですが、
月山と湯殿山は頂上まで登りにくいので、
一番登りやすい羽黒山に三神が合祀されています。

そのことから、合祭殿造りとも呼ばれています。

3.山頂まで行かなくても五重塔と滝が見れる!


山頂に行く前に、五重塔(国宝)を見ることができます。

この五重塔は、平安時代に平将門によって建てられたと伝えられております。
江戸時代初期に修復され、今もきれいに残っています。

また、祓川と須賀の滝(はらいがわとすがのたき)
という名前の川と滝が見えてきます。

4.食事、お土産屋もあります!

頂上の駐車場付近ではお土産屋や団子やもちが売ってました!お蕎麦とお餅をいただきました。おもちはのびのびホクホクでおいしかったですヽ(´▽`)/

5.羽黒山五重塔の内部を特別に公開中

昨年三神合祭殿が再建より200年を迎えたため、
150年ぶりに羽黒山五重塔内部を一般公開致しています。

平成31427日(土)~令和元年1130日(土)

【公開時間】
午前8時30分~午後4時30分

拝観料
大人500円//共通券700円

また、イベントもたくさんやっております!

2019年のイベントの詳細はこちら↓
http://www.dewasanzan.jp/publics/index/7/

月山、湯殿山について

月山は、標高1984mで羽黒山と同じく山頂に月山神社があります。
半日コース、一日コース、二日コースと様々な登山道があります。

湯殿山の山頂は、月山山頂から約2時間歩けば行ける所にあります。
ここは普通とは違う大変珍しい神社なのです。理由は・・・

1.参拝は、靴を脱ぎ裸足になって、お祓いを受けてから本宮に入る。

2.本宮全体が神域であるため、写真禁止

3.社殿ではなく、温泉が湧き出る巨岩が御神体

どれも謎でどんなところかとても気になります。
参拝費用は500円で、引き換えに人型の紙を貰い、
それで身体を汚れをとるように全身を撫でて、水へ浮かべるそうです。

アクセス方法

羽黒山

【バス】
・鶴岡市から庄内交通バス羽黒山行きで50分、終点下車
・表参道の石段を登る場合、又、国宝羽黒山五重塔を拝観する場合は、
同バスで随神門下車

【車】
・山形自動車道鶴岡ICから鶴岡羽黒線経由で約10km
・庄内あさひICから約15km
・庄内空港から約30km

その他の情報

詳しい情報はこちらへどうぞ

スポンサーリンク

( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA