お好み焼き作りで開封済みの小麦粉の中要注意!ダニが来ない保存方法

たこ焼き、お好み焼き、ホットケーキなど、たくさんの種類の料理を作ることができる材料だが、一つの料理で一気に使えないのが小麦粉。長い間その開封済みの小麦粉を、棚などに常温保存してまた使っていませんか?

「仰天ニュース」の番組で、小麦粉にダニが大増殖し、それを食べてしまった女の子がじんましんでアレルギーを起こしてしまっていました。

今回は、開封してしまった小麦粉をどうしたらいいのか?これからどこに保存したらいいのかなど紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

どうやってダニが小麦粉まで来るのか?

出典:モノノフォト

 

台所やシンク下などあらゆる場所でダニがいます。そのダニの繁殖条件は、住む場所、食べ物、湿度、温度などの環境の3条件です!人間とおなじですね・・・。

 

住む場所は狭くて潜れる場所が大好きです。布団やじゅうたんに多く生息していることは皆さんご存知だと思います。

食べ物は人間の垢、食べかすなどです。小麦粉やホットケーキミックスもでんぷんやタンパク質をたくさん含んでいるため、ダニの餌になります。

環境は、温度は25~30℃、湿度は60~80%を好みます。台所はダニが好む環境です。ちなみにダニが一瞬で死ぬ温度は、60℃です

 

また開封した小麦粉をしっかりチャックした状態でもダニが見つかっています。

理由として、しっかり閉めてもしても入口部分に小麦粉がついていることでそこにダニが繁殖してしまい、次その小麦粉を使うときに一緒に入ってしまう可能性があります。

また、ダニはとても小さい(体長が0.3~0.5mm)ため、わずかな隙間でも入ることが出来るのです。

 

小麦粉を好むダニについて

袋の中に入り込んだダニは、短期間でどんどん繁殖していきます。実際、家でお好み焼きを食べたあとにアレルギーの反応が出たとき、1グラム中に22800匹のもダニが検出されたそうです。

またダニの糞もたくさんあり、アレルギー反応起こします。想像するだけで恐ろしい・・・。

特に大増殖するのがヒョウヒダニとコナダニです。

小麦粉、パン粉などの食品類や、窓ガラスの結露などで大量発生することがあり、コナダニは環境条件がいいとわずか1、2日で大量発生します。小麦粉の場合、粉の量よりダニの量の方が多くなり、よく見れば粉がうごめいている可能性があります。

気持ち悪い・・・(´;ω;`)

 

もし開封済みの小麦粉をシンク下などに置いてしまっていたら・・・

このことを知らなくて常温で台所に放置してしまっている家庭もあると思います。捨ててしまいましょう。

とてももったいなくて捨てれないと思った方は、少しだけダニがいるかどうか確認する方法があります。小麦粉を見て、ダニがいる場合は少し小麦粉がうごめくそうです。

でもほとんどの場合わからないと思うので、捨ててしまったほうが早いです。

 

 

食べてしまうとどのような症状が出るの?

 

ダニを加熱してもアレルギーは出ます!

全身の 紅斑こうはん 、じんましん、かゆみなどの強いアレルギー反応を起こす可能性があります。また、アナフィラキシーショックという呼吸困難などの命に関わるアレルギーを起こしたという人もいます。

摂取した直後から1時間以内に発症していることが多いです。

スポンサーリンク

 

開封済みの小麦粉をどこで保存するべきか?

冷蔵庫!!!

に入れましょう。冷蔵庫の中は低温で乾燥しているため、ダニは生息できません。百均で売られているタッパーやきれいな袋に入れるとなお良し。できるだけ早めに消費しましょう。

使うときは必要な量だけ袋から取り出し、一度使った小麦粉をもとに戻すは禁止です!!

スポンサーリンク

 

( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA