静岡でしか食べれないつけナポリタンアドニスのアクセス、営業時間は?

静岡は浜松餃子や富士宮焼きそばなどが有名なのはみなさんご存知でしょう。しかし実は、B級グルメである「つけナポリタン」は静岡県富士市でしか食べることができません!

今回は、つけナポリタンの発祥のお店である「アドニス」について紹介します。

スポンサーリンク

 

 

富士市のつけナポリタンとは?

静岡県富士市の吉原商店街は、もともとシャッター街でした。

そこで少しでも商店街を活性化させるために、2008年の9月につけ麺の達人”である辻田雄大さんと、アドニス店主が「つけナポリタン」というご当地グルメを開発しました。

今ではこの商店街で、つけナポリタンがメニューにあるお店が約40店舗もあります。

「つけナポリタン」は名前のとおり、つけ麺みたいにナポリタンのタレに絡めて食べる、新感覚のナポリタンです。

お店それぞれで味や入っている具材は少し違いますが、酸味の効いた甘いトマトスープに地元名産の桜えびやチーズなどがトッピングされています。

麺は、トマトのスープに合うように開発された、太いもちもち麺を使っていて想像よりとても美味しくて感動しました!

 

つけナポリタンの発祥の店「アドニス」

 

 

おしゃれなお店でした。アドニスのつけナポリタンは1,200円で食べることができます。

トッピングは、チーズ、蒸し鶏、チンゲン菜、味玉、桜エビが入ってます。麺は太麺でこれがまたもちもちで、トマトとよく合い美味しいです!

お店がおすすめしている食べ方としては、
①よくつけて食べる
②チーズとからめて食べる
③半分食べたらレモンを麺にかけて食べる

レモンをかけてたら、サッパリでまた美味しかったです!

+50円で麺大盛り可能で、パンや〆のご飯(180円)、トッピングや替え玉もあります。らーめん屋みたいですね。

しかし、つけナポリタンは提供時間が決まっているため、事前に調べてから行った方が良さそうです。

また、つけなぽは売切れ次第終了です。

 

なんとゆるキャラがいる?!

玄関には赤いふ○っしーみたいなゆるキャラがいました。

調べてみたら名前は、「ナポリン」というトマトの妖精です。(ますますふ○っしーに似てる・・・。しかもつけナポリタンの重要な「つけ」がなくなってる・・・。)

よく見たらかぎ針編みで編んでいたので、私も編んでみたい!!と思ってしまいました。綿どんだけ詰めなきゃいけないんだろう・・・。

スポンサーリンク

 

アドニスの営業時間、つけナポリタンが食べられる時間

 

[営業時間]
11:00~18:00(つけナポ注文可能時間帯 11:30~)

[定休日]
火曜日

[問い合わせ先]
0545-52-0557

[詳細]
http://adonis.yoshiwara-shoutengai.com/

 

アドニスのアクセス方法

住所:静岡県富士市吉原2-3-16

静岡県富士市吉原2-3-16

 

[駐車場]
1,500円以上お食事すると「虹いろーどパーキング」の1時間無料券を貰うことができます。

「虹いろーどパーキング」の場所

虹いろーどパーキング

 

テレビに何度も出演し、たくさんの芸能人が来ている!

店の壁にたくさんのサイン色紙が貼られており、テレビで取材に来た芸能人がたくさん来ています!

私が大好きなサンドウィッチマンさんの色紙もあり、もう嬉しすぎヾ(*´∀`*)ノ(しかし、サンドウィッチマンさんが来たのは7年前の2010年・・・。)

テレビにもたくさん出演し、たくさんの地域からお客さんが来ています!さすがですね!!

 

スポンサーリンク

 

( *´艸`)

静岡でしか食べれないつけナポリタンアドニスのアクセス、営業時間は?” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA