静岡市住みが教える世界遺産の三保の松原の見所、アクセス、駐車場は?

平成25年6月に、静岡県静岡市にある三保の松原が世界遺産に登録され、静岡は大喜びでした。

駿河湾と富士山の風景は、昔の方たちが素晴らしさを表現しようと絵画や和歌でたくさん表現されてきました。

それほど前の時代から感動できる場所であります。

この地を次の世代へと大切に残しことができ、たくさんの人たちに観光として来てくれることは嬉しいことです。

今回は静岡市に住んでいる私が、三保の松原についてのアクセス方法、駐車場、いつ富士山が見えやすいかをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

世界文化遺産である三保の松原

三保松原は約7kmの海岸に約3万本の松が生い茂っています。中には古そうな大きい松もあり、支え木でしっかり支えないと崩れてしまいそうなものもありました。

 

その松林から出ると駿河湾と富士山がきれいに見えます。

 

私が行った時は曇っていて富士山を見ることはできませんでした。しかし、休日の昼間であったのですが、人が少なくゆっくり見ることができました。

松をくぐった後に見る海が予想以上に広がっていて、景色が綺麗で感動しました!でもせっかくなら富士山と一緒にみたかったです。曇や雨の日は避けて見たいものですね。

ちなみに20年以上住んでいた経験から、静岡の天気は、梅雨が終わったあとの夏はほとんど晴れます。なので今の時期に行くのがおすすめです。

海岸にハチマキをしたような模様の石を見つけたのなら、願いを掛けて持ち帰りましょう。

そして、もし願いが叶った場合、羽車神社にお礼をして返すといいんだそうです。

 

神の道がつなぐ御穂神社と羽衣の松

羽衣の松とは、樹齢600年の松で御穂神社の御神木でもあります。

そして、羽衣の松と御穂神社をつなぐ約500mの参道は「神の道」と呼ばれています。

三保の松原は羽衣伝説の舞台であり、羽衣の松は、天女が舞い降りて羽衣をかけたとされています。

そして御穂神社には、羽衣の切れ端といわれるものが保存されているそうです。

 

三保の松原の詳細

スポンサーリンク

[料金、時間]
無料、散策自由

[準備]
三保の松原の海岸は砂がサラサラしているので、砂が靴の中に入ったり歩きにくいです。スニーカーなどの歩きやすい靴で行ったほうがいいです。
海に少し入りたい人は、ビーチサンダルや水の入ったペットボトル、タオル、着替えを用意しておくといいです。

[お問い合わせ]
054-251-5880(静岡観光コンベンション協会)

詳細はこちら・・・https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=336

 

三保の松原のアクセス方法

三保の松原

 

[交通機関]
JR静岡駅→JR清水駅下車(東海道線)または、JR甲府駅→JR清水駅下車(身延線)
JR清水駅→清水駅西口の3番乗り場、しずてつジャストライン三保山の手線・三保方面行きのバスで「三保松原入口下車」(約25分)→徒歩(約15分)

土日祝日のみの運行↓
JR・清水駅→三保の松原入口下車(世界遺産三保松原行き)
9時~16時に、1時間に1本程度の運行。

[車]
東名高速道路清水インターから約30分、静岡インターから約35分

[駐車場]
無料、普通車:200台(第1駐車場から第3駐車場まで3カ所あります。)

スポンサーリンク

 

混み具合

平日であれば、混んでいないのでゆっくり眺められたりいい写真撮れると思います。

晴れている土日祝日は混むため、なるべく交通機関で来た方が良さそうです。

また、周辺に三保内浜海水浴場や三保真崎海水浴場がありますので、お盆はもっと道が混みます。

 

周辺の観光スポット

清水には観光スポットがたくさんあります。

前の「清水みなと祭り」の記事で、「エスパルスドリームプラザ」と「日本平動物園」のことを少し書いたので参考にしてみてください。↓

清水みなと祭り(静岡)静岡市住みが教える2017年の日程、アクセス方法は?

 

スポンサーリンク

( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA